MOTU Machfive 3

1
MOTUMachfiveが4年ぶりぐらいのバージョンアップ。
というわけでたまには、簡単な機材レビューでも。

まず見た目が、Ver2からだいぶ変わってますが、操作感はほぼ一緒。Machfive2を使い慣れていればすぐに馴染めます。
一番大きいのはやはり64bit対応ではないでしょうか。メモリを最大限活かせます。
ただし32bitシーケンサーをホストに使う場合はVienna Ensenble pro等を挟むか、別PCにスタンドアロンで立ち上げて使わなければ結局3Gぐらいまでしかメモリ使えませんが。
僕はVienna Ensenble proでMachfive3を立ち上げて使っています。パラアウトとかの設定が少し煩わしい事になるんですが、テンプレートを作れば問題ないでしょう。

音質に関しては、サンプルはMachfive2から比べて、そんなに変わっていない感じです。というか、Ver2にあったオーケストラ音源と、ハイサンプル音源(96kHz,192kHz)とかがカットされている分、サンプルに関してはグレードダウンしている感があります。
ピアノ音源も前バージョンと違う物になっていますが、これは好き嫌いあると思いますが、僕はMachfive 2 の付属の96kHzのピアノサウンドの方が好きです。


しかし付属サンプルよりもずっと大きなポイントが、オシレーター機能と、モジュレーション。
Ver2からあった、シンプルなオシレータ(Sin,Saw,Tri等,,)や、オルガンエミュレーターはほぼそのまま、
さらに新たな種類のオシレータが加わっています。

Analog Stack
stack
こちらは4OSCのバーチャルアナログシンセといった感じです。
オシレータひとつひとつにピッチやボリュームやパンも設定でき、さらにそれらのパラメーターひとつひとつにモジュレーションをかけられるので、これだけでもずいぶん深みのある音は作れると思います。

FM
fm
4オペレーターFM音源もあります。
見た目シンプルですが、十分な機能です。高いサンプルレートを活かした音作りができそうです。
ただひとつあえて難を言うとすれば、オペレーターのレシオのパラメータが整数倍が設定しずらい。
なのでノブを何となく回してるだけだと、ノイズっぽい音になってしまいます。
(逆に言えば、ノイズっぽいサウンドを直感的に、作りやすい)
ノブのグラフィックはオマケで、ノブをダブルクリックして、数値を入力するのが正しい操作、といった感じがします。FM音源をそこそこ理解していれば全く問題はないですが。

Wavetable
4
オシレーター機能の中で個人的に一番気に入った思ったのはこのWavetableです。
Mini Moogとかアナログシンセの波形が中心です。あとビンテージサンプラーの波形がいくつか。
UnisonとSpread,Stereoの3つのパラメータでコーラスっぽい効果がかけられます。
あとSymmetryというパラメータがあってこれはフォルマントが変化します。
とにかく無駄な機能がなくてシンプルで、そして直感的に、きれいで厚みのある音を作りやすいです。
このオシレーターと、エンベロープ、LFOなどを組み合わせるだけでもシンセサイザーとして十分なんじゃないかなと思います。

noise
3
あとはシンプルなノイズ専用のオシレータと、同じMOTU社のドラムサンプラー、BPMのっぽいアナログドラム音源があります。

こういったオシレーターによる音作りと、サンプラーとしての機能と、両方がひとつのソフトの中で高いレベルで収まっている、というのが大きなポイントだと思います。

lfo
そしてモジュレーション機能ですが、LFOの波形もいくつか増え、Machfive2ではLFO8個、エンベロープ6個だった制限もなくなり、おそらくCPUの許す限りほぼ無制限(未確認)まで増やせるようです。
その辺りはKontaktに肩を並べた感じでしょうか。
env
大画面でのエンベロープエディットもMachfive2よりもさらに見やすく使いやすくなっています。

loop
サンプル・ループのエディットに関しては前バージョンと同じ感じです。
ただループポイントの精度がしっかりとした印象です。
(前バージョンでは頑張ってゼロポイント探して設定しても何かの拍子にループポイントが微妙にずれてしまって、結局クロスフェード使わざるを得なかった記憶があります。)
クロスフェードの設定も直感的にでき、操作しやすいです。
コントロール+ホイール操作で波形の拡大、縮小できるのも前バージョンと一緒ですが、大きな波形をエディットするのにはとても便利な機能です。

Mixer画面
mix
ミキサー画面もとてもすっきりしていて、見やすく、操作しやすいです。
エフェクトの名前をクリックすると、上にパラメータが出てきて操作できるのも便利です。
Machfiveの中だけでミックスを完成させるにも十分なクオリティと操作性だと思います。
fx1
エフェクトは見た目はさらに地味になりましたが、内容的にはMachfive2とほぼ一緒でしょうか。
余分なGUIを省いて、少しでも動作を軽くしようという事だと思います。
派手なGUIは新しく搭載されたスクリプト機能で、というのもあるのでしょうか。

質はやはり素晴らしいと思います。
飛び抜けたエフェクトはありませんが、コーラスなどのモジュレーション系は特に、綺麗に厚みを出してくれます。
IRリバーブも、リバーブ専用のプラグインにも負けないぐらい、素晴らしい出来だと思います。

fx2
そしてチューナーと、スペクトラムアナライザー機能。
これは各パートにエフェクトとして立ち上げる事ができるようになっています。
Machfive2だとメインのアウトだけだったと思うので、使い勝手があがっています。

チューナーをチェックしながら微妙なピッチのズレを補正したりとか、意外と音作りにも役立つと思います。
アナライザーはやはりMachfive3だけでミックスを完成させる事を考えているのかな、といった感じもしますが、サウンドをエディットしたときに音色の変化を視覚的にチェックしたりと、いろいろ使い道はありそうです。

というわけでVer2とくらべて大分変わったMachfive3ですが、ただ大容量波形を読み込んでプレイバックサンプラーとして使うのではなくて、シンセサイザー的な音作りもしていける、そしてエフェクトも充実していて、すべてが高いレベルで収まっている、といった音源だと思います。
Omnispherと、Kontaktの中間的な位置づけになったかな、という印象です。



Comments

鶴川市民センター

???3
日曜日の鶴川市民センターでのイベントで、年末の演奏スケジュールは最後でした。
自分は基本はクリエイター、作曲家、ひきこもり系ミュージシャン、
元来人前に出るのも苦手な部分もあって、演奏活動はあまりこれまで積極的に行ってきませんでしたが、
色々な方の助けも頂き最近はこうして色々なところで演奏させてもらう機会が増えてきています。
今年は今までで一番、演奏の仕事が多かったかな?本当に有り難い事です。


年明け最初のスケジュールは1月29日横浜、港北の下田地域ケアプラザで、朗読、ピアノ、ケーナのトリオでコンサートを行います。
これは去年も行いましたが、今年度もまたケーナで参加させていただける事になりました。
心温まる、しんみりしたコンサートです。詳細はまた後日に載せます。
Comments

ケーナ探してます

ケーナが1本なくなってしまいました。
12/15(木)〜12/17(土)の3日間、東京ビッグサイトでの展示会
「エコプロダクツ2011」内のeco japan cupブースの一角に展示させてもらっていた、
僕の4本のケーナのうちの1本:B♭管、長さ27〜28cmくらいの小さいケーナ、直径2センチ弱の孟宗竹製、穴の6つ空いている面の側が平べったく歪んでいるのが特徴です

状況からして、おそらく誰かが持って行ってしまったんだろうと思います。

竹を切ってくればまたいくらでもつくれるし、人のいっぱい通るところに置いてたわけだから壊れたりすることももちろん想定して、普段の演奏ではあまり使わない物を展示してあったので、実際それほど深刻、というわけじゃないんですが、
やはり大切な物をなくして、黙っているわけにはいかないし、自然から貰った音色を粗末にするのは罰当たりと、自分のできる限り少しでも、探し出す努力をしなければと思っています。
警察とかに届けたりした方がいいのかなとも思っています。

何か情報をお持ちの方、いらっしゃいましたらどうかメール下さい。
tata.viento@gmail.com

僕のケーナに興味を持ってくれるのも嬉しい事だし、そこまでして欲しかったんであれば差し上げても構わないとも考えてますので(できれば返してほしいですが)
もし持っいてった方本人がこれを見ていたら、匿名で構わないので、一言でもメッセージもらえたら、
だいぶ安心できます。どうかよろしくお願いします。
10
写真がこれしかなかったですが・・・一番右端の、小さいケーナです。
僕がケーナを作り始めて間もない頃に、町田市鶴川の能ヶ谷西緑地で伐採された孟宗竹の先の部分を頂いて作った、普段の演奏ではたまにしか使いませんが割と思い入れのあるケーナです。
Comments

イベント情報

12/18(日)町田市鶴川地区の留学生支援のイベントで演奏してきます。
13:00〜鶴川市民センター
Comments

フラワーランド 花まつり

fl1fl2
去年は台風で中止になってしまいましたが、
今年も世田谷のフラワーランドでライブを行います。

11/5(土) 15:00〜
フラワーランド 鑑賞花壇にて(雨天時は管理棟2階)
世田谷区瀬田5-30-1 田園都市線 用賀駅 徒歩15分
チラシ(
Comments

ライブ情報


イベントスケジュール2011

10/30(日)夢広場2011
ぽっぽ町田 イベント広場
10:30~ 入場無料


11/5(土)フラワーランド花まつり
東急田園都市線 用賀駅 徒歩15分
フラワーランド(世田谷区立瀬田農業公園)
15:00~15:30 入場無料


12/3(土)カフェ・ギャラリー リンデン
東急田園都市線 藤が丘駅 徒歩10分
¥1000(ドリンク付き)要予約
13:30~
16:00~

お問い合わせはeメールでお願いいたします。
tata.viento@gmail.com

詳細・チラシ等近々また載せていきます。
Comments

江ノ電沿線新聞創刊35周年記念展

2
藤沢小田急百貨店のイベントでまたまた演奏してきました。
Comments

イベントお知らせ

8/13(土)小田急百貨店藤沢店 7F催物場
江ノ電沿線新聞創刊35周年記念展 にてケーナ演奏します。
江ノ電の歌ケーナバージョンも演奏します。
12:30〜13:00
15:30〜16:00
入場無料

8/10(水)小田急百貨店藤沢店 7F催物場13:00〜14:00
ケーナ作り教室 を行います。
時間の関係で、1から作るのは難しいので、指穴を開ける作業がメインになりますが。
材料は
良い竹を用意してあります
ちょっとした思い出の楽器作り、夏休みの自由研究などに。
大人、子供年齢不問です(小さなお子様は、保護者同伴でお願いします)
参加費1000円
お問い合わせはメールでお願いします。
tata.viento@gmail.com
Comments

のりものフェスタ2011

nori
小田急百貨店のイベント乗り物フェスタ2011でケーナライブやってきました。
ステージの周りをミニ・江ノ電がぐるっと一周。
踏切があくのを待たないとたどり着けないステージというのもなかなか珍しいです。
小さな子供が多い会場で、にぎやかな雰囲気の中楽しく演奏させてもらいました。
言葉があまりはなせないような小さな子供も、意外とケーナの音に興味を持ってくれる物で、子供向けのイベントでケーナライブも全然アリだなーと最近感じています。
また8月にもここで別のイベントがあります。
詳しくは後ほど。


Comments

イベントお知らせ

7/30(土)、7/31(日)
小田急百貨店藤沢店 7F催物場
のりものフェスタ2011 にてケーナ演奏します。
江ノ電の歌ケーナバージョンも演奏します。

両日とも
11:00〜11:30
15:30〜16:00
の2回づつあります。
入場無料なのでお買い物ついでなどにぜひお越し下さい。
Comments

竹の整理2

take
3分の2ぐらいの整理が完了。
実家の庭を借りて、作業させてもらってますが、雨が降ってきたので、今日はここまで。
ナメクジさんとの無駄な戦いも、できれば避けたいので・・・
D管や、それより大きなケーナ(ケナーチョ”Quenacho”と呼ばれるやつですね)が作れる大きさの竹が思っていたよりも結構ありました。(写真右)
写真の左側にまとめてある、細い部分は主に小さいケーナ(ケニージャ”Quenilla”なんて呼ばれます)になります。
小さいケーナは僕はあまり使わないのですが、最近は小学校等での笛作り教室、といった企画もいくつかあり、子供サイズのケーナの材料として必要なので、一本の竹の、根元の方の太い部分から、先のほうの細い部分まで、割と無駄なく使えています。
あとこの写真の他に普通のケーナ用の太さの竹がいっぱいあります。
こうやって、竹を並べてるだけでも相当なワクワク感があります。なんか危ない人みたいですが・・

ケーナ販売についての質問などもときどき頂いていますが、来年位からは、そういった事も始められるかもしれないです。
ケーナ以外の笛の製作の依頼や問い合わせも今入っているので、この夏ぐらいからちょっとづつまた、笛作りに力入れていきます。

こんだけの竹どこからとってきたのかというと、宮崎にある僕の父の実家の近くなんですが、
P1000009
気候なんかの影響もあるのか、東京の辺りではあまり見かけない種類の竹が、東京のあたりではあまり見かけない感じに隙間なく密生してます。
身近なところに、必要な物はあるもんだなーと、
とにかくこの素晴らしい竹を与えてくれる自然と、宮崎で竹を切るのを手伝ってくれた親戚のみんなに、そしてこんな竹がいっぱい生えているところで暮らしていてくれた祖父祖母ご先祖様に本当に感謝です。
Comments

江ノ電沿線新聞35周年記念映像

Pasted Graphic
藤沢〜鎌倉間を走る江ノ電、その沿線の情報を伝え続けている江ノ電沿線新聞の、創刊からいままでの歴史を振り返る映像が制作されました。
僕が音楽を担当させてもらっています。

江ノ電沿線新聞35周年記念- YouTube
http://youtu.be/89aXjq_823w
Comments

竹の整理

P1000010
先週とってきた竹の選別作業してます。
この写真の3倍の量があります。
大体、大、中、小、といった感じで分けてます。
スペイン語で言うところの、ケナーチョ、ケーナ、ケニージャ(大きいケーナ、普通のケーナ、小さいケーナ)に相当する感じです。
しかしこの宮崎でとって来たこの竹は、美しい。

2年前くらいからこの種類の竹で、ケーナを作っています。
竹の外側を拭いたり、内側に溜った塵を吹き払ったりしていて、気づいたのですが、
外側の硬さに反して、内側が、ずいぶんとしなやかな(密度が低い)ような感じがします。
ケーナを作るときは外側を少しヤスリで削るのですが、元は見た目を奇麗にするために削っていましたが、実はその外皮の削り具合も音に、特に倍音の響きに影響してくるのでは、と思いました。
Comments

花見

「お花見自粛」という言葉を耳にします。
しかし奇麗に花が咲いているのに、目を瞑って通り過ぎるはもったいない。
今年はひとつ、お酒を飲んで騒ぐのはやめにして、しずかに桜の花の枝の風に揺れるを眺める、
本来のお花見を楽しむのはいかがでしょうか。
僕は元々、そのほうが好きですが。
sakura
Natural echo #155
Comments

江ノ電ぶらり旅

江ノ電のコラムと、写真がたっぷりの本「江ノ電ぶらり旅」が発売されてます。
初版限定で、江ノ電の歌CDがおまけでついていて、ケーナバージョンも入っています。
江ノ電沿線の歴史と情景が感じられる素敵な1冊。
藤沢、江ノ島、鎌倉など江ノ電の駅や、江ノ電グッズショップで販売しています。

IMG_0341
江ノ電ぶらり旅
文/君塚利啓
発行/江ノ島電鉄株式会社
付録CD 江ノ電の歌「好きです 江ノ電」
歌/早川明子、清水良一
作詞/佐藤有弘
作曲/山下孝之


Comments

橋本でライブ


2/14Valentine’s Day
杜のホール橋本8F多目的室にてコープとうきょうさんの主催のイベント、”Big Issue日本版 編集者、佐野未来さんによる、貧困やホームレス問題といったテーマの講演”などのイベントのオープニングにて、30分くらい演奏してきました。
こういったイベント、講演会などの、オープニングや余興に呼んでいただいて、演奏させていただく機会が最近ちょっとずつ増えています。
僕はただ笛を吹いて、音楽をやっているだけの人間ですが、どこか平和とか自然とかそういったイメージと繋げて、声をかけていただいているようで、本当にありがたく嬉しく思います。

まだまだ冬の盛り、雪も降ったりしてますがどことなく梅の香り漂ってきそうな、ほんのりと季節のうつりかわりの感じられる、良い季節。
この季節のライブでは、早春賦(中田章)を演奏するのが自分の中で定番となっています。
しかし最近G管のケーナの調子がすこぶる良い。女竹のケーナは冬が相性が良いのかもしれない。
アンコールでは江ノ電の歌ケーナバージョンを演奏。江ノ電の歌は藤沢や鎌倉でときどき耳にする機会があると思いますが、ケーナでの演奏は僕のライブ以外ではなかなか聴く機会がないかもしれない、レア・バージョンです。江ノ電の車窓の景色の移り変わりをイメージしたアレンジ&演奏のこのケーナ・バージョンも、オリジナルの歌とともに広まってほしいなとこっそり思ってます。
Comments

ホームページリニューアル

ホームページリニューアルしました。
なんとなく、大好きな「江ノ電」カラーを意識してグリーンぽくしてみました。

すこしづつ更新していきます。よろしくお願いします。
旧ホームページもしばらく残しておきます。
Comments