ケーナを作る - 5

5
まず”歌口”という、口に当てて吹いて、音を出す部分を作ります。
ノコギリで切った部分をヤスリで奇麗にします。
口に当てる部分なので、最初粗めのヤスリで大まかに、平にした後、細かめのヤスリでトゲのないように、奇麗にすると吹きやすいです。
角の部分にも少し斜めにヤスリがけして、丸みを持たせると良いです。
ただそういった細かな調整は、楽器としての形ができた後で良いでしょう。

6
歌口を作ります。平丸の彫刻刀で、だいたいの形を作ります。
6-2
そして、鉄の丸棒ヤスリで削っていきます。
7
外側からだけでなく、内側からも削っていきます。
内側3:外側2ぐらいの割合が、音が出しやすいです。

この歌口の部分は、吹き心地、演奏感にとっても影響します。
最初はとにかく音がでる範囲で小さめに作って、最後に(指穴とかもあけてから)少しずつ削って調整していくようにしています。
blog comments powered by Disqus