ケーナを作る - 7

9
指穴を開けます。
穴をあける位置はある程度は決まっていますが、
穴を上にずらす穴を小さくする
穴を下にずらす→穴を大きくする
といった感じですこしは融通がききます。

僕は10代の頃に買った、ボリビア式のケーナの穴の位置を参考に、基準として、自分の手にしっくりくるように、数ミリ単位ですが穴の位置を少しずらしています。
9-2
キリで穴を開けたら、切り出しでほじくるような感じで穴を拡げます。
そして、丸棒ヤスリで丸い形に整えていきます。
10
電動ドリル使えば、と良く言われるんですが、いつもこの方法でやっています。
普段電子楽器や音響機器などで、電気を使っている分、ケーナ作りに関しては電力使わずに・・・
当面の間はこの弥生時代スタイルで行こうと思っています。

10-2
という感じで、穴を開けていきます。
表側には6つの穴を開けます。
最終的には、穴を全部押さえたらソの音、そして一番したの穴から順番に、ソ・ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ#となるように調整していきます。下から3つ目の穴は半音に相当するので、すこし小さめにします。

11-2
そして裏側に一つだけ、小さい穴を開けます。
左手の親指で塞ぐ穴ですが、少しわかりにくいですが下の写真のぐらいの位置に、小さい穴をぽつんと開ける感じが丁度良いです。
11
この穴は、2オクターブめまでの範囲の演奏なら、ずっと塞ぎっぱなしなので、開けなくても良い位ですが、3オクターブ目を鳴らすときに大変重要になってくる、僕はかなり重要視しているポイントです。

といった感じで、大体の楽器の形は出来上がりました。
ここから、音程などの微調整のため、指穴や歌口、底の穴を少しずつ、音を鳴らしつつ削っていきます。

大まかな音階を作るのは意外と簡単です。適当に穴を開けてもそれっぽくなります。
ただ、奇麗な音階を作るのは慣れないと結構大変ですが、そこを調整していくのがケーナを作っていて一番面白いところでもあります。
まだ僕も色々試行錯誤、研究中といった段階で、削りすぎたりして失敗してしまう事もありますが、色々調整していく中でベストなバランスを見つけ出していくのが、元は一本の竹なのに奥が深く、面白いなー、といった感じです。
blog comments powered by Disqus