ケーナを作る - 6

8
そこの部分の節に、穴をあけます。
キリで穴を開けたあと、鉄の丸棒ヤスリで削って拡げていきます。

ここの穴の大きさも重要で、長さ、太さ、に大してここの穴の丁度いい大きさが決まって来ます。
この大きさで、そのケーナの基本となる音程を調節します。
G管のケーナならば、ここで歌口を吹いたとき、”ソ”の音が出るように、穴を拡げていきます。

意外と、節の部分は柔らかいので、削りすぎないように注意が必要です。
僕はあとあとの調整も考えて、この時点では少しだけ小さめに(吹いたとき、”ソ”よりほんのちょっと低い音が出るように)しています。
そして最後に、指穴、歌口とあわせて、全体のバランスを見ながらこの穴も調節します。
(ここは本当に感覚なので、言葉で説明するのは難しいです)
blog comments powered by Disqus