ケーナを吹く

一番肝心なのが音の出し方=息の吹き方です。
慣れれば簡単なのですが、最初は少し難しいかもしれません。
まず口を真一文字に結び、口の真ん中を軽く開きます。
その状態で下唇から下の部分でケーナの頭の部分を塞ぎます。
少し強めに押さえるイメージが丁度良いかもしれません。
Pasted Graphic 2
歌口(U字に削ってある部分)の削ってある部分の先の部分を狙う感じで、息を吹きます。

最初はすごく弱く吹いてみて、ちょっとずつ息を強くしていくと、音の出るポイントが発見できると思います。
1オクターブ目の低い音が出たら、さらにまた少しずつ息を強く、(細く鋭いイメージ)速くしていくと、2オクターブ目の高い音が鳴ります。

Pasted Graphic 3
左手の人差し指、中指、薬指で上三つの穴を押さえます。

右手の人差し指、中指、薬指で下三つの穴を押さえます。
左手の親指で、裏側の穴を押さえます。
この穴を全部塞いだ状態で、"ソ"の音(G管の場合)が出ます。

Pasted Graphic 4
穴を全部塞いだ状態から、右手の薬指、中指、人差し指、

左手の薬指、中指、人差し指、最後に左手の親指、
と下の穴から順番に開いていくと、
ソ・ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ♯・ソ
と、ト長調の音階が出ます。(G管の場合)
blog comments powered by Disqus